PARACUP

 PARACUPとは

2005年にパラサイヨが立ち上げたマラソン大会です。当初は「PARASAIYO CUP」という大会名で、第一回大会は江の島の海沿いを走るコースを約400人の参加者の皆様がパラサイヨメンバーの応援のもと参加し完走してくださいました。翌2006年からは多摩川のサイクリングコースに場所を変え、ランナー人数も1000人を超えました。その後マラソンブームと共にPARACUPは社団法人化し、徐々に参加者が増え現在では、ランナー約5000人ボランティアスタッフ約500人以上によって支えられる大会になっています。パラサイヨは現在共催団体としてその運営や盛り上げを強力にバックアップしています。

PARACUPでは「分かち合う感動」と「喜ばれる喜び」を2つの大切なコンセプトとし、ランナーの皆様とボランティアスタッフの応援の間に生まれる感動の共有や応援する側と応援される側双方が感じる喜ばれる喜びを体感できる大会を目指しています。さらにはその感動や誰かのために何かをするという気持ちが大会参加費や寄付を通じて、世界の貧困や様々な問題と戦っている多くの子どもたちの支援になります。気軽に誰にでもできるボランティアです。ランナーとして、ボランティアスタッフとしてぜひご参加してくださいませ。

 

 PARACUPの名物企画

「ハイタッチ」
PARACUPではランナーとボランティアスタッフや応援に来て下さる皆様同士の「ハイタッチ」が名物です。ランナーの皆様が走り疲れた時に笑顔いっぱいのハイタッチは元気をくれます。また、応援する側もただ声を出すだけではなく、そこに触れ合いがあることで、気持ちを伝えることがより実感できます。ハイタッチは、一瞬でその初対面の両者を暖かい気持ちで包んでくれる魔法の応援グッズです。走り終えたランナーの多くは、最後の1キロで辛いときに差し出してくれた手にパワーをもらって、ゴールできたと語ります。そんな魔法のハイタッチをぜひ走る側でも応援する側でも体験して暖かい気持ちになりましょう。
 
「ニックネームラン」
PARACUPのランナー受付後には配られたゼッケンにニックネームを書き込むコーナーがあります。ランナーの皆さんはそこに思い思いのニックネームを書き込みます。するとスタート直後から、沿道や給水所などの各応援場所からそのニックネームを大きな声で呼ぶ声がしてきます。ボランティアスタッフのメンバーはみな走るランナーの姿を見つけると共に、その胸に書いてあるニックネームを読み上げ、がんばれ!のひとことに付け加えます。ただの「がんばれ!」ではなく、自分だけに向けられた「〇〇ちゃん、がんばれ!」には数百倍の想いを感じることができ、ランナーの皆さんは笑顔になり、その足取りが軽くなったようにみえます。少し変わったニックネームの方を呼ぶ時にはボランティアスタッフも笑いながら呼んでいることもありますが、その言葉のキャッチボールがまたランナーの背中を押してくれます。

ボランティアスタッフってなに?

ボランティアスタッフはマラソン大会がスムーズに運営・進行するために欠かせない大会のサポートメンバーです。主にランナーの皆さんが安全かつ楽しくマラソンに参加してもらうためのお手伝いをしていただきます。活動内容はエリアによって様々な種類がありますが、主にランナーのコース誘導&応援、給水ポイントでの給水や給食、スタートゴール地点でのランナー受付から整列指示やメダル授与や記録サポートがあります。

私たちパラサイヨメンバーも各エリアに散らばり、チームを作ってたくさんのボランティアスタッフの皆様と一緒に活動します。初心者の人も毎年多く参加してくださりますが心配はいりません、当日にチームリーダーから朝の集合後に丁寧な活動内容の説明があります。また実際の動きを実践したりして、準備の間に練習をすることもできます。ぜひ世界の子どもたちのために、PARACUPの成功を支えるボランティアスタッフを一緒にお手伝いいただけませんか?

PARACUPボランティアスタッフの3つの楽しみ方

①新しい友達や気の合う仲間に出会える
毎年PARACUPには年齢も職業も様々なボランティアスタッフが集まります。朝の全員での円陣から始まり、声を掛け合うことや自然と同じ活動をする中でチームワークが生まれ、気のある友人が増えるきっかけがたくさんあります。スポーツ好きの人から応援好きの人、友達がランナーの人からお子様や学生まで、幅広い人たちに出会い、触れ合えるのがPARACUPの魅力です。

②誰かのために何か出来ることを実感できる
日々の生活の中でボランティアに参加することには高いハードルを感じる人も多いかと思います。PARACUPは誰にでも気軽に参加できるボランティア活動で、これが初めてのボランティア体験だという人も多くいます。一生懸命に誰かのために活動することで、ランナーの皆さんだけでなく、世界中の子どもたちを支援する力になること、を実体験できる1日です。

③達成感やチームの団結力を体感できる
仕事や部活などのいつものメンバーではない初顔合わせのメンバーとのチームワークを体験できることは、最初はかなり緊張しますが、とても新鮮なものです。また1日ではありますが、濃い時間を新しい仲間たちと過ごし大会を成功に導くことには大きな達成感を感じることができます。ひとりではなく、みんなでやることの楽しさがきっと体感できます。

パラサイヨメンバーと一緒に活動しませんか?

私たちパラサイヨと一緒にボランティアスタッフとして活動していただくことで、私たちパラサイヨが支援するフィリピンの児童養護施設CMSPの子どもたちへの学業支援につながります。フィリピンにおいて大学や専門学校に進学することは就職するために大変重要なことで、縁故がなく親のいない子どもたちにとっては、高校卒業後に社会に出ることは仕事を見つけるのでさえ困難を極めます。

パラサイヨでは子どもたちに高校卒業後の進学のチャンスを支援することで、将来への夢や目標を広げてもらい、連鎖する貧困や悪環境からの脱出の手助けができればと願っています。また、毎年パラカップで参加者の皆様に配られるメダルは、私たちの支援先であるCMSPの子どもたちがひとつひとつ手作りで作っています。ぜひそんな子どもたちの想いを遠く日本で受け止めていただければと思います。

【よくある質問】ボランティアスタッフ向け

Q1.当日のスケジュールはどうなりますか?いつわかりますか?
A.担当する活動内容や集合場所や集合時間がハガキにて各個人へ届きます。
さらにデータファイルにてPARACUPのホームページ上に活動マニュアルが公開されます。

Q2.友達と一緒に、または家族と子連れで参加したいのですが、おなじ場所で参加できますか?
A.ボランティアスタッフ登録をする際に活動をいっしょにしたい人を記入する欄がございます。
そこにご友人やご家族の名前をご記入ください。別々にエントリーされた場合も同じエリアに配置できるように配慮いたします。

Q3.当日はどんな服装がいいのでしょうか?
A.当の天候によって防寒具や雨具などの持参が必要になることもあると思いますが、基本的は動きやすい恰好をおすすめいたします。また当日配布するボランティアスタッフ用のTシャツを全員着用していただくことになるので、なるべくそのTシャツが見える格好での活動ができるような服装が好ましいです。靴は運動靴が好ましいです。

過去の大会の様子

 

WHAT'S PARACUP

PARACUP2016 (2016年3月1日時点)
「ボランティアスタッフ」エントリー状況 

200の方がエントリーしてくださいました。

   ご協力ありがとうございました