WHAT’S PARASAIYO

パラサイヨのはじまり

パラサイヨは、2000年に大学生数10名が、英語のスタディツアーという形で、フィリピンの児童養護施設「CMSP」を訪問したところからスタートしました。

「CMSP」では、貧困層の子どもたちが自立していくために、教育を大切にしていました。けれども、私たちが訪問した2000年は児童養護施設の経済面の問題などから、 子どもの大学進学を打ち切る決断をを下さなければならない年だったのです。


しかし偶然にも、その年にパラサイヨが訪問し、寄付をしたことにより、奇跡的に大学進学費用を捻出することができたのです。
「CMSP」では、「Productive member of society(社会の中で生産的な人間)」を育てることを理念として掲げ、子どもたちに教育の大切さを伝えています。

パラサイヨもその理念に強く共感して、「CMSP」の支援を続けていきたいと考え、これまで活動を続けています。

私たちの支援の2本柱

私たちは、フィリピンにある児童養護施設「CMSP」の子どもたちのために、現地でのコミュニケーションを通じた『心の支援(精神的支援)』と、大学進学費用を寄付する『お金の支援(経済的支援)』とを、行っています。

具体的な活動内容としては、年に一度フィリピンを訪れ、子どもたちに会いに行きます。直接会って、交流することで、お互いの成長を確認しあう事ができます。その数日のふれあいがあることで、子どもたちだけでなく私たちも日々頑張ろうと思えるのです。

日本では、チャリティーコンサート、BBQパーティー、大人も子どもも楽しめる運動会など、バラエティ豊かなイベントの企画運営、フリーマーケットへの参加などを通じて得た収益を寄付金として集める活動をしています。

皆さまのお気持ちと笑顔が、子どもたちの未来につながる、そんな活動を目指しています。

なぜ大学進学費の支援なのか04CEOPJ

日本よりもはるかに学歴が重視されるフィリピンでは、高校を卒業するだけでは定職に就くことは難しく、日雇い労働の職しか得られなかったり、時には売春に手を染めたり、犯罪に巻き込まれる子どもも少なくないのです。

大学もしくは専門学校でのより高い教育を受けることが、子どもたちの将来の道を開くための、最低条件なのです。

私たちはCMSPの子どもたちが社会の立派な一員に成長することを願っています。子どもたちが自立した社会人になり、貧困の連鎖を断ち切るためには、大学進学費の支援は非常に重要なのです。

私たちがイベントにこだわる理由IMG_0479

ボランティア活動における支援金の集め方といえば、街頭での募金活動やインターネット上での寄付の募集が主流かと思います。

しかし、パラサイヨは発足当時から、支援金のほとんどを自らの手でゼロから作るイベントによって得られる収益金によって、集めてきました。私たちが作ってきたイベントはマラソン大会からコンサート、運動会、大BBQ、ビジネスセミナー、英語教室まで多種多様です。

ボランティアだから中途半端なものでいい、とは思っていません。どんなイベントもプロになったつもりで、とことんやり尽くすのがパラサイヨ流です。

そこに参加してくださった皆様に感じてもらいたいのは、何よりまず「楽しい」ということです。そして、自分の興味のあるイベントに参加して楽しむことが、遠く離れたフィリピンの子どもたちの未来の後押しになることを知っていただくことで、多くの方にボランティアをより身近なものに感じてもらえたらと思っています。

私たちが日本で一生懸命、自分の手で仲間と汗をかきながらがんばることで、子どもたちを応援したい、この気持ちがある限り私たちはこれからもたくさんの人に愛されるイベントを作り続けていくつもりです。

パラサイヨのこれまでの実績
SONY DSC

私たちが2000年より毎年行っている支援先の児童養護施設CMSPへの訪問ツアーは、2015年に18回を数えました。フィリピンへの訪問ツアーの参加者は累計で704名にのぼります。

実際に会いに行くことで出会った子どもたちの数は601名。

そのうち90名の子どもたちの高校卒業後の進学をサポートしてきました。その90名の子どもたちは100%がパラサイヨの支援により、生活環境が改善され、85%の子どもたちが職を得ることができました。

2013年には子どもたちが学校へ通うためのVANも購入して、毎日の学びのサポートをしています。

初めてパラサイヨが訪問した年の支援金で学業サポートをした子どもは、卒業後就職し、現在サウジアラビアで働き、家族を持って幸せに暮らしています。また、2010年にはCMSPで育った子どもの中からはじめて、フィリピンで最もレベルの高い国立フィリピン大学への入学者が誕生し、現在も夢に向かって一生懸命勉強しています。そして、現在卒業生たちが自らネットワークを作り団体を立ち上げ、自分たちの育ったCMSPの後輩たちの支援活動をパラサイヨメンバー同様に仕事の合間に行っています。

また、CMSPへの寄付金額の総額は2015年に5800万円となりました。

国内イベントへの参加者数は10,000人以上となり、様々なイベントに多くの皆様に毎年参加していただいております。

これからもパラサイヨは日本で応援してくださる皆様と共に、子どもたちの未来に貢献していきたいと思っています。